ピタットハウス東大和上北台店 > 株式会社 大蔵企画のブログ記事一覧 > 新築一戸建ての購入時に確認したい「耐震等級」とは?決まり方を解説

新築一戸建ての購入時に確認したい「耐震等級」とは?決まり方を解説

≪ 前へ|建売住宅に太陽光パネルは後付けできる?設置費用の相場は?   記事一覧   建売住宅購入時に知っておきたい日当たりとは?チェックポイントをご紹介|次へ ≫
カテゴリ:コラム

新築一戸建ての購入時に確認したい「耐震等級」とは?決まり方を解説

こんにちは、ピタットハウス東大和上北台店の淵川です。
近年、日本では地震や台風などの自然災害の発生が多いこともあり、住宅の耐震等級が重要視されています。
購入する新築一戸建てで長く安心して暮らすためには、耐震等級に注目して物件を探してみるのがおすすめです。
そこで今回は、新築一戸建ての購入をご検討中の方に向けて、耐震等級とはどのようなものか、耐震等級はどんな要素で決まるのかを解説いたします。

新築一戸建て購入時にチェックすべき耐震等級とは?

耐震等級とは、地震が発生した際にどの程度建物が揺れに耐えられるかを示した指標で、以下のように3つのランクに分けられています。

●耐震等級1:建築基準法で定められた基準を満たしている
●耐震等級2:等級1の1.25倍の耐震性がある
●耐震等級3:等級1の1.5倍の耐震性がある


等級1は、震度6から7の地震に1回は耐えられる程度の耐震性です。
しかし、大きな地震には余震があることを考えると、その後に大規模な修繕や住替えが必要になる可能性があります。
一方で、それよりも高い耐震等級では、大地震に遭った後も軽微な修繕で問題なく暮らせることが想定されています。
そのため学校や病院、官公庁などは、等級が2や3といった高いランクで建設されていることが多いです。

▼この記事も読まれています
不動産取引で出てくる「整形地」「不整形地」ってなに?

新築一戸建ての耐震等級の決まり方とは?

以上のように、耐震等級は住宅の安全性を示しますが、具体的にはどのように等級が決まるのでしょうか?
耐震等級は、以下の要素を総合的に判断して決められています。

●基礎の強度
●建物の重量
●耐力壁の量・配置
●床の強度
●接合部の強度


地震は建物全体を大きく揺らすため、壁や柱などの垂直方向の強度だけでなく、床や天井などの水平方向の強さも重要になります。
また基礎や接合部など、建物の基本的な部分にも強度が必要になります。
耐震等級は、建物全体のトータルバランスで判断されているのです。
安全性が気になる場合は、耐震等級の数字だけでなく、それぞれの要素がどうなのか事前に確認しておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
一戸建て住宅における外壁の塗り替えサインとは?掃除方法もあわせてご紹介

新築一戸建ての耐震等級を上げる耐震リフォームとは?

弊社では、基本的に耐震等級1以上の新築一戸建てを取り扱っているため、耐震リフォームをおこなう必要はありません。
ですが、なかにはもっと高い耐震性を求める方もいらっしゃるかと思います。
その場合、新築中古問わず耐震性を向上させることができる「耐震リフォーム」を検討すると良いでしょう。
耐震リフォームとは、その名のとおり建物の弱い部分を補強することで、耐震性を上げる工事のことです。
とくに新築は、部材が劣化していないため、小型の制震装置を設置するというように、大掛かりな工事を必要としないケースも多くあります。

▼この記事も読まれています
プロパンガスや都市ガスのメリットとは?違いやそれぞれの特徴を解説

まとめ

耐震等級とは、地震が発生した際にどの程度建物が揺れに耐えられるかを示した指標です。
新築一戸建てを購入する際は、耐震等級について理解しておくことで、購入後の不安を取り除くことができるでしょう。
等級が高ければ災害後の修繕も軽微で済むため、万が一の場合に備えて、購入後の耐震リフォームを検討するのも良いでしょう。
東大和の不動産情報はピタットハウス東大和上北台店がサポートいたします。
東大和市・武蔵村山市・東村山市・瑞穂町などで新築一戸建てをお探しの際は、ぜひ弊社までご相談ください。


≪ 前へ|建売住宅に太陽光パネルは後付けできる?設置費用の相場は?   記事一覧   建売住宅購入時に知っておきたい日当たりとは?チェックポイントをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

不動産アドバイザー 淵川 悟 最新記事



不動産アドバイザー 淵川 悟

何事も全力で挑む事がモットーです!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る